Pocket

一般的な海藻類には、必ずついているフコイダンですが、どのようなものでも最高の効果を得ることができるのでしょうか?ワカメや昆布、モズクなどそれぞれの食品に含まれているフコイダンの量には少なからず違いがあるでしょう。私たちが住んでいる日本でも多くの海藻類を食べる習慣がありますが、今一度、何を基準にフコイダンを選べば良いのか確認をしてみましょう。

モズク沖縄産のモズクには、フコイダンが多く含まれていて有名です。しかし、それ以上に多くのフコイダンが含まれていると言われているのがトンガ産の天然モズクです。でも同じようにフコイダンが多いからといって、どんなものでも身体に良いわけではないようです。最高級なトンガ産は、身体への吸収力が非常に低いことが分かっています。このように吸収されにくいものもあるフコイダンを食するにはどうすればいいのでしょうか。

フコイダンのすごいところはがん細胞を死滅させることです。この条件にあたるフコイダンは低分子のものこそ、癌治療に多くの効果が現れると考えられています。それではフコイダンのどのような所が癌の治療に向いているのでしょう。フコイダンを用いている動物実験が数多くはあります。この実験の中でもフコイダン自身が持つ力がさまざまな癌細胞に対して増殖することを抑制し、他の臓器への転移なども減少させることが知られています。また、経路などを活性化させることでがん細胞自身をやっつける効果があると考えられています。ナチュラルキラー細胞を増やすことで免疫力を非常に高めリンパ球などを増殖させることでがん細胞を死滅させる効果があるとも言われています。